救いを求めて幻想郷入り

  • 作者


  • あらすじorプロローグ

 彼には自分を失くしてでも守りたいものがあった。
 着々と収束に近づいていた生活に区切りをつけなければならなかった。

 そんな時、声が聞こえてきて彼の望む事を叶えてくれるという。

 ただし条件として

 1・幻想郷に訪れる事
 2・そこで起こる出来事は保障しない
 3・基本的に帰ってくる事は出来ないとする
 
 そして――――

 4・彼と彼の関係してきた全ての人の持っているありとあらゆる思い出を失くす事


 母を守りたいがために己と帰る場所を失った彼は、ここでいったい何を見つめ、何を見出すのだろうか。


  • ひとこと

蒼野さんがそのうちクロスしてくれるそうです。
うれしいです。

  • 登場人物

彼(名前未定)案があったらコメでもメールでもドシドシおkです

 母子家庭で育ったため、家事は得意。消防の認可もとって料理もしていた。
 基本的に頭が悪くはないが現在記憶野が消されているので自身の事が良くわかっていません。(例・とあるラノベの上条さん)
 
 現在のところ緊張状態にあった実世界からストレスフリーになったため退行をすこし起こしている様子。
 本来はハンディキャップと生活労から少し大人びた考え方としゃべり方をしていた。


  • 最終更新:2010-04-03 13:53:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード